忍者ブログ
万年寝不足-別館
MMD用アクセサリ置場    非営利な用途ならMMD以外でも自由に御使用ください。 モデルやテクスチャの変更も自由です。 レンタルサーバダウンにより、現在Onedrive配布に切り替えています。 TOP記事(ブログ名をクリック)からDLして下さい。
最近、色モーフ付の素材を配布しているのですが
RGBモーフを入れているだけで特に解説も無く不親切すぎる(ーー;)…と
我ながら思ってしまったので簡単な考え方の記事を作ってみました。


色の知識がある方にとっては

「何を今さらwww」

と思われる事必至ですので読み飛ばして下さいw

 

■ カラーサークルを念頭に置いて色を作りましょう


円周に色相をならべたものをカラーサークルといいます。

光の三原色のRGBの位置関係を大体でいいので把握しましょう。
印刷色のCMYは間にあります。
GIMPの色パレットが分かりやすいですよ。



中間色を作る場合、
その色を挟んでいる原色のモーフを両方少しずつ入れて混色します。

 参考例:ドットフロアのドット1のみを表示
(透過で2&3を非表示にしています)


Rと少量のGでオレンジ




GとBほぼ同量の水色



RとBで紫~ピンク系の色になります




原色を全て混ぜると無彩色になるので
使った原色2色にもう一つの色を少量混ぜると彩度が落ちます。

参考例:先程のピンクにGを少し入れてみたもの

 

 


混色モーフを全てフルに入れるとまっ黒になります。
少しずつ色を入れていく方が調節しやすいかもです。


当blog配布の物に関しては改造自由ですので
使いづらい!と思われる方は遠慮なく直接材質設定を変えて下さい(^_^;)


明度が高い色で無調節ALを入れると色が飛んでしまうので
ALの設定も調節しつつ使って下さいね

拍手[20回]

PR
前の記事碇と桜のステージ
次の記事金唐紙の部屋
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by  忍者ブログ | [PR]
最新CM
[10/05 狙撃P]
[09/22 NONAME]
[07/30 ヘンタイ様]
[07/08 名無し]
[07/04 Gretha Estephania]
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
yuduki
性別:
非公開
バーコード
P R
アクセス解析