忍者ブログ
万年寝不足-別館
MMD用アクセサリ置場    非営利な用途ならMMD以外でも自由に御使用ください。 モデルやテクスチャの変更も自由です。 レンタルサーバダウンにより、現在Onedrive配布に切り替えています。 TOP記事(ブログ名をクリック)からDLして下さい。

OMF7で配布したアクセサリの使い方の簡易説明。
長くなりそうなので別記事にしました。

まず、ツールの配布元様の解説動画は
できるだけ全てに目を通しておいて下さい。









最新版はこちらの動画にDL先の記載があります↓





************************************************************************

■ ナイフ等の飛び道具編

まず、最初に同梱の元モーションデータをMMDで
好みの速度に修正して上書き保存しておいて下さい。
アクセサリを自作する場合はpmxは使えないので注意。



1.モデル(PMD)とモーション(VMD)の項目の参照ボタンから
 元データの位置を指定しておきます。

2.複製個数に複製したい個数を入力

3.開始フレームは同時射出の場合は0

4.今回は水平方向に広がるタイプを作ります。
 回転の軸をY軸選択し、変数$rand*の後に角度を指定します。
 60-30だと原点から両側30°の範囲でランダム生成します。

5.生成したデータを保存する場所を保存先フォルダの参照ボタンから指定
 (テクスチャ付のアクセサリの場合は元データと同じ場所を指定)

6.生成データ名を入力後、作成ボタンをクリック

移動にも場所を入力しておけばその場所から発生させる事ができます。
例えばY軸に10と入れておけば上方向に10移動した所から射出します。

7.使いたいフレームで生成したPMDとVMDデータをMMDに読み込みます

8.rootボーンで位置・角度を調整してボーン登録します。
 0~使用フレームまで非表示にしたい場合は表示のキーフレームも打って下さい

再生を押すと複製した個数のアクセサリが一斉に動きます。

水平ランダム60°/20本の完成品(5フレーム目)






同梱参考データの数値はアクセサリのREADMEに記載しています。

動画でモデルに投擲させる場合、親子タブを使うという方法もありますが、
最近のMMDは外部親が設定できるので、移動無しの0位置で生成しておいて
rootボーンをモデルの手首あたりに外部親登録すると良いと思います。

静止画で使う場合はモデルのポーズをボーン登録してから
生成したアクセサリとモーション読込み⇒好みの見え方までフレーム移動
⇒rootボーンで位置登録です。

生成したモデルはpmxEで読み込めるので複製モデルを改造することも出来ます。






…さて、ここで問題です。


XYZの3軸全部に回転範囲360°ランダム指定するとどうなるでしょう?




A:ウニ状態になりますwwww






回転ではなく位置をランダム生成するとですね…
こんな飛ばし方もできます。


ゲート・オブ・バビロン モドキですがwwww






参考数値





開始フレームも$randを使用したらランダム飛ばしが出来ます。

モデルに当たるところに生成されちゃった場合は
複製されたパーツのボーン移動して登録しておけばOK。



数学が得意な人は三角関数使って渦巻き飛ばしとかやると楽しいと思います。

使える関数はsin,cos,tan,asin,acos,atan,square,abs,sqrt,floor
詳しくはパーティクルクリエータに同梱されている使い方.txt参照

使いこなすとこんな弾幕も作れるようです…↓




************************************************************************


■ 蝋燭編


パーティクルクリエータはアクセサリを
モーションとセットで大量複製する使い方が基本ですが、


同じ物理入れたアクセサリを大量に読み込んで
配置する作業が面倒くさくて死ぬ

…という場合にも使えます。


今回は参考に炎が物理でプルプルする
ローポリ蝋燭を作ってみました。

配布した参考データはこういう状態です。
(モーションデータ流し込み+AL併用時)

ボーンも一緒に複製してくれるので好みの場所に移動もできます。
便利ですね。(移動後はボーン登録を忘れずに!)


参考数値 




原点中心に80四方の平面にランダム配置25個

元のモーションデータは元モデルを読み込んで登録押しただけのものです。

PCrで書き出したデータを更にpmxEで改造。
モーフを追加してみました。



ランダム配置じゃなくて等間隔で並べたいんだけど!


…という時は$0を使用しましょう


参考例






物理入りアクセサリの注意点ですが、
一気に大量数複製してしまうと物理がバグってしまうことも多いので、
20~30個のデータを様子見ながらいくつか作成して
MMDに複数個読込みした方が安全だと思います。



************************************************************************



最大値以上に複製個数増やしたい場合は
範囲変えたものを複数個作って全部MMDに読み込めばOK


調子に乗ってやりすぎると、再生した瞬間にフリーズとか
よくある現象なのでw 低スペPCの人は要注意ですよ。


最初はとっつきにくいツールですがアイデア次第で色々できると思います。
エフェクトではなくモデル複製なので床に落ちて積もっていく羽や落ち葉とか…



ドラマを制作している人は特に演出の幅が広がると思います。

参考になれば幸いです(=゚ω゚)

拍手[10回]

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by  忍者ブログ | [PR]
最新CM
[11/10 もち]
[11/08 NONAME]
[10/05 狙撃P]
[09/22 NONAME]
[07/30 ヘンタイ様]
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
プロフィール
HN:
yuduki
性別:
非公開
バーコード
P R
アクセス解析